株式会社シード:SEED

広告宣伝、調査・企画、設計・施工、開発・運営サポートを通じて、最適マーケティングソリューションを提供します。

【第4話 豆しば的な小部屋より#2】

カテゴリー: ,

2015年03月26日


 

 

皆さま、桜の季節ですね。塩加減などはいかがでしょうか。
いぬ的な小部屋へまたお越しになられましたね。

本日の小部屋は、前々回同様、私が古来より貪り蓄えてきた豆知識的な何かを、
常に低姿勢、かつ滑り気味に書いていく「豆しば的な」やつでございます。

 

相変わらずネタ切れ気味な本日は、桜の季節にちなんで、
古き良き日本の心、「小倉百人一首」にちなんだ豆情報でございます。
もちろん、百人一首は私のメジャー級な趣味でありまして、
白装束にその身を包み、脇差しを携えて日々これを嗜んでおります。
毎晩寝る前に、腕っぷしの強いロボットを相手に、無謀な勝負を挑んでおります。
もちろん生身の対戦相手も随時募集中であります。

 

ちなみに、「ちはやふる」という百人一首漫画は、ちょっとだけしか読めてません。

 

なお、私の今の気分の歌はこちらです。

 

014

 花さそふ嵐の庭の雪ならで ふりゆくものはわが身なりけり
(入道前太政大臣)

 

桜の季節というものを迎えるたびに、新しく清々しい思いがわき起こるのですが、
一方で、かつて同じ季節に感じてきた若かりし思いとその結果が、
別の脳内思い出玉手箱からじわじわと染み出してくるのを認めるにつけ、
あゝ今年もまた一つ年を重ねてゆくのだなあという、
例えようもないプチ寂寥感的な何かが去来したりすることもあります。

 


さて、競技かるたで用いる百人一首には、決まり字というのがありますよね。
「ここまで読まれたらこの札と確定される部分」、いわゆる確定ポイントのことです。
一字決まり札(7種)から六字決まり札(6種)まであります。

 

一字決まりは、もう出オチかボーナスステージみたいなやつで、
上の句の一文字目が読まれた瞬間確定です。
この7種は、一定以上の実力者なら、ほぼ必ずこの語呂合わせで覚えているはずです。
「むすめふさほせ」(娘房干せ)

 

(らさめの~ →きりたちのぼる~)
(みのえの~ →ゆめのかよひぢ~)
(ぐりあひて~ →くもがくれにし~)
(くからに~ →むべやまかぜを~)
(びしさに~ →いづこもおなじ~)
(ととぎす~ →ただありあけの~)
(をはやみ~ →われてもすゑに~)

 

ちなみに六字決まりは、当たり前ですが最初の五文字が読まれてもまだ確定しないという、
何とも厄介なやつらです。
ただ、他方をすでに取り終えてしまった後には、
途端に確定ポイントが早くなっているのでさらに注意です。

 

あさぼらけ あ(りあけのつきと~ →よしののさとに~)
あさぼらけ う(ぢのかはぎり~ →あらはれわたる~)
きみがため は(るののにいでて~ →わがころもでに~)
きみがため を(しからざりし~ →ながくもがなと~)
わたのはら こ(ぎいでてみれば~ →くもゐにまがふ~)
わたのはら や(そしまかけて~ →ひとにはつげよ~)

 


 
あと、作者にまつわるネタ。
これは意外と知られていないんですが、(僕もわりと近年学びました)
1番歌・2番歌・99番歌・100番歌の作者は皆、天皇なんです。
(ほかにも天皇は4枚、親王・内親王は1枚ずつありますが)

 

しかも、
1(天智天皇)と2(持統天皇)は父と娘
99(後鳥羽院)と100(順徳院)も父と子
という親子関係になっています。
001 秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ
002 春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山

 

099 人も愛し人も恨めしあじきなく 世を思ふゆゑにもの思ふ身は
100 百敷や古き軒端のしのぶにも なほ余りある昔なりけり

 


 

 

最後に、もっと百人一首のことを知りたい!!という(奇特な)あなたへ。
京都・嵐山は桂川のほとりにある、小倉百人一首ミュージアム「時雨殿」へぜひお出掛けください。
https://www.shigureden.or.jp/

1209176
僕は、京都を旅した時に一人で乗り込んできました。すごく感動しますよ。一部の方は。

 
ちなみに、昔家族でイタリアに出かけた時の行きの飛行機内で、
ニンテンドーDSの百人一首ソフトを14時間ほぼぶっ続けでやっておりました。今ではいい思い出です。

 

生身の対戦相手、募集中です。

 
それでは、次回小部屋につながった時に、またお会いしましょう。